「新型コロナウィルスの存在は証明されていない」の嘘

はじめに 

このページは「日本は諸外国よりCt値を高く設定している」の嘘の一部である。 以下も参考に。

ネット上の情報を鵜呑みにする前に 

ネット上の陰謀論等を目にして「俺は真実に覚醒した」と思っている人は、是非、新型コロナの主要なデマに掲載した高知東生氏の次の言葉に耳を傾けてほしい。 以下は特に重要。

  • 裏を読む以前に、表の仕組みすら何も知らない
  • 誰でも見れる情報「本当の真実」は裏ではない
  • 都合のいい妄想ってつなぎ合わせただけで案外辻褄があう

裏を探そうと世界中のジャーナリストが躍起になっている。 専門に情報を追っている人でさえ簡単に見つけられない情報を一般人が簡単に見つけられるわけがない。 それに気づいた高知東生氏こそが本当の覚醒者である。 それに気づかない人は、未だ、自らが覚醒者だと勘違いした妄想の中に漂っている。

米国疾病対策センター(CDC)等の回答 

「新型コロナウィルスの存在が証明されていない」と主張する人は、世界中の機関からの回答結果が根拠だと言う。 例えば、米国疾病対策センター(CDC)の回答は次のとおり。

This letter in in response to your Centers for Disease Control and Prevention and Agency for Toxic Substances and Disease Registry (CDC/ATSDR) Freedom of Information Act (FOIA) request of August 9,2020, for “All records in the possession, custody or control of The Centers for Disease Control (CDC) describing the isolation of a SARS-COV-2 virus, directly from a sample taken from a diseased patient, where the patient sample was not first combined with any other source of genetic material (i.e. monkey kidney cells aka vero cells; lung cells from a lung cancer patient).

この書簡は、情報公開法(FOIA)による2020年8月9日の以下の要請に米国疾病予防管理センターおよび有害物質疾病登録局(CDC / ATSDR)が応えたものである。 「最初に他の遺伝物質(すなわち、サル腎臓細胞、別名vero細胞;肺がん患者からの肺細胞)と結合していない、罹患した患者から採取したサンプルから直接、SARS-COV-2ウイルスの分離について記述した米国疾病対策センター(CDC)が所有、保管、または管理しているすべての記録

Please note that I am using "isolation" in the every-day sense of the word: the act of separating a thing(s) from everything else. I am not requesting records where "isolation of SARS-COV-2" refers instead to:

日常の意味として、他のすべてから分離する行為を意味する言葉として『分離』を使用していることに注意してもらいたい。 代わりに以下を参照するような『SARS-COV-2の分離』の記録を要求しているのではない。

  • the culturing of something,
  • or the performance of an amplification test (i.e. a RCR test)
  • or the sequencing of something.
  • 何かを培養すること
  • 増幅試験(すなわちRCR試験)の性能
  • または何かの順序付け。

Please also note that my request is not limited to records that were authored by the CDC or that pertain to work done by the CDC. My request includes any sort of record, for example (but not limited to) any published peer-reviewed study that the CDC has downloaded or printed.

また、要求は、CDCによって作成された記録やCDCによって行われた作業に関連する記録に限定されないことにも注意してもらいたい。 CDCがダウンロードまたは印刷した、公開された査読済み研究など、あらゆる種類の記録が含まれる(ただしこれらに限定されない)。

If any records match the above description of requested records and are currently available to the public elsewhere, please provide enough information about each record so that I may identify and access each record with certainty (i.e. title, author(s), date, journal, where the public may access it).”

上記の説明と一致し、現在他の場所で一般に公開されている記録がある場合は、各記録を確実に識別してアクセスできるように、各レコードに関する十分な情報を提供してもらいたい(タイトル、著者、日付、ジャーナル、 公衆がアクセスできる場所)。」

A search of our records failed to reveal any documents pertaining to your request.

我々の記録を検索しても、あなたの要求に関連する文書は見つかなかった。

出所不明の文書 - Fluoride Free Peel

どんなウイルスで、どのように感染するのか? 新型コロナウイルスのそもそも論 - YAHOO!JAPANニュースによれば、複数の査読済み論文でコロナウィルスは特定され、ゲノム情報はGISIADGenBank等に登録されているとされる。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査法の開発と支援の状況について - 国立感染症研究所のとおり、国立感染症研究所では2020年1月30日に新型コロナのウィルスの分離に成功している。 にも関わらず、2020年8月9日の要請に対して「あなたの要求に関連する文書は見つかなかった」と米国疾病対策センター(CDC)が回答したのは何故か。 それは、その要請が培養や増幅によるものを除外する条件をつけているからである。 そのような条件をつければ、如何なる病原体であっても「分離」することは不可能である。

病原体の性質等を調べるためには、その病原体のみを選択的に抽出することが不可欠である。 何故なら、他の微生物もごちゃ混ぜの状態で調べても、得られた性質が目的の病原体のものか、混ざっている別の微生物のものか区別がつかないからである。 また、性質等を調べるには病原体の数が一定程度以上必要となる。 さて、では、どのようにすれば特定の病原体のみを選択的に抽出できるのか。 Science Fictionの世界にはBio-Filterなる物があって、それを使えば、特定の病原体のみを容易かつ選択的に抽出できる。 しかし、現実にはそのような物は発明されていない。 特定の病原体を培養で増やしつつも、他の微生物を可能限り減らすことを繰り返すことで、特定の病原体の純度を上げていく純粋培養と呼ばれる手法はある。 しかし、現在の技術では、培養や増幅なしに特定の病原体のみを選択的に抽出することは不可能である。

要請者は、「あなたの要求に関連する文書は見つかなかった」との回答を引き出すために、意図的に不可能な条件をつけた疑いがある。 培養や増幅によるものが無効だと主張したいなら、培養や増幅ではダメな合理的理由を示して、「回答された研究成果は培養や増幅によるものだから無効だ」と指摘すれば良い。 それなのに、何故、培養や増幅によるものが回答に含まれないよう、あらかじめ除外条件をつけて、しっかり念押しまでしたのか。 それは、培養や増幅による結果があると回答されては困るからではないのか。 培養や増幅ではダメな合理的理由が何もないから、培養や増幅による証拠が回答に含まれていたら、「SARS-CoV-2の存在が証明されていない」という主張が成立しなくなるからではないか。 だから、無理難題で「あなたの要求に関連する文書は見つかなかった」との回答を無理やり引き出して、培養や増幅によるものも含めたあらゆる証拠がないかのように偽装する必要があったのではないか。

新型コロナウィルスが特定されている証拠 

患者病日との相関 

PCR検査で検出されたウィルスが新型コロナの原因ウィルスでないとするなら、次のようなデータと矛盾する。

新型コロナウィルス感染症のリアルタイムPCR検査における患者初回探知時の平均Ct値

患者病日とリアルタイムPCR Ct値の相関について - 国立感染症研究所

患者(有症者)の陽性確定時の検体 患者(有症者)の陰性確定時の検体 患者病日と培養陽性率

新型コロナウイルス感染症患者からのウイルス分離状況―感染性の評価 - 国立感染症研究所

もしも、PCR検査で検出されたウィルスが新型コロナの原因ウィルスではないなら、Ct値(ウィルス量に負の相関がある値)や培養陽性率と患者病日(発症からの日数)には何の相関も見られないはずである。 しかし、実際にはデータの通り相関が見られる。 このことはPCR検査で検出されたウィルスが新型コロナと無関係ではないことを示唆している。

陽性率 

行政検査の陽性率は、感染が下火になると下がるが、感染が拡大すると上がる。 低い時は1%程度、高い時は10%を超える。

日本のPCR陽性者数の推移

オープンデータ - 厚生労働省

PCR検査で検出されたウィルスが新型コロナの原因ウィルスでないとするなら、このような感染状況によって陽性率が変化することが説明できない。 尚、新規感染者が増える場合は、必ず、重症者や死者数も遅れて増えるため、新規感染者の増減が見かけの数値ではないことが明らかである。

一方、感染拡大の予兆の早期探知のためのモニタリング検査 - 内閣官房によれば、濃厚接触者を除く無症状者に対するモニタリング検査では4月25日までの累計で検査数48,620件のうち陽生疑いは53件で、陽生疑い率は0.11%に過ぎない。

  • 有症者や濃厚接触者等を対象に含む事前確率の高い集団での陽性率は1%以上(モニタリング検査開始以降は2%以上)
  • 濃厚接触者を除く無症状者のみの事前確率の低い集団の陽生疑い率は0.11%

PCR検査で検出されたウィルスが新型コロナの原因ウィルスでないとするなら、両者の陽性率に差は見られないはずである。 両者の陽性率の差は、PCR検査で検出されたウィルスが新型コロナと無関係ではないことを示唆している。

参考 


このページへのご意見は節操のないBBSにどうぞ。

総合案内

科学一般

疑似科学等

医学

地震

電子工学

相対性理論

量子力学

基本

標準理論

解釈等

実験・思考実験

外部リンク