新型コロナ死者数では第2波の兆候はつかめない

はじめに 

このページは新型コロナ7月第2波到来!の一部である。

感染ピークと死者ピークのズレ 

第2波の患者数の推移

オープンデータ - 厚生労働省

7月初旬の死者数は第1波よりも少ない。 しかし、第1波でも感染者が減少に転じてから10〜15日経過してから急激に死者数が増えている。

陽性者数と患者数のピークのズレ

オープンデータ - 厚生労働省

仮に、第2波の死者数が第1波と同様に推移すると仮定すると、7月初旬の死者数の少なさをもって第2波が到来していないと判断することは不可能である。 つまり、死者数は第2波の到来を察知する指標として役に立たない。

第2波でも感染が増えれば大幅に死者数が増える可能性がある。 そして、死者数が大幅に増えた時は既に手遅れである。 死者数が大幅に増える前に感染を抑制する必要がある。

総合案内

科学一般

疑似科学等

医学

地震

電子工学

相対性理論

量子力学

基本

標準理論

解釈等

実験・思考実験

外部リンク