意識解釈

意識を特別視した理由 

天才的数学者だったとされるフォン・ノイマンが量子力学の数学的基礎を確立しようとした時、数学的な手段での解決が難しい問題がひとつだけあった。 それを無理矢理解決するために用いたのが射影仮説である。 射影仮説は量子論の理論としての整合性を保つために絶対に必要なので、量子論の建設者達が、気持ち悪いとは思いながら、論理の必然として導入したもの 使われない公理by東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系&東京大学大学院理学系研究科物理学専攻:清水明教授 である。

時間経過に伴って連続的な変化をする波動関数は、どういうわけか、観測の時だけ不連続な変化をする。 つまり、量子力学において、観測だけが例外的な現象となる。 科学的定理においては、例外がない方が好ましいのだが、明確に定義できるのであれば例外があっても差し支えはない。 射影仮説では、計算上の手順は示されていたが、物理的にどのような現象なのか明確に定義されていなかった。 そのことが、様々な解釈論争を生み出した。

素人考えでは、ミクロ(微視的)な物質がマクロ(巨視的)な物質に干渉した時に例外が起きると考えれば良いように思える。 しかし、その場合、ミクロとマクロの境界が問題となる。 この境界を特定する根拠はないため、理論的に閾値を予測することは不可能である。 理論的に予測不可能な境界が存在するとすれば、それほど不可思議なことはない。 今日では、ミクロとマクロの中間的な大きさでの量子力学的現象も観測されている。 今でも、どの程度の大きさが量子力学的現象を再現できる限界なのかはハッキリしていない。 このように、理論的にも実験的にもミクロとマクロの境界を特定するのは困難である。 よって、この境界を例外の定義に用いることも困難であると言える。

そうすると、例外を定義できる現象が見当たらない。 そうした中で、人間の意識に着目した者がいた。 量子力学に限らず、科学的観測には、必ず、人間の認識が伴っている。 そして、一見、人間の意識以外には例外を定義できる現象が見当たらないように見える。 それ故に、知性ある存在が現象を認識することで例外が起きると考えた者がいた。

ちなみに,この問題を突き詰めて考えると,ゲーデルの問題や「意識」の問題に突き当たるであろう. WignerやPenroseなど,多くの偉大な物理学者が,こういう問題に言及する(言及せざるを得ない)のは,このような理由によると思われる. たとえば,「そもそも,どんな論理体系であれば,このような問題が発生しないですむだろうか?」と言う問いを発して深く考えてみれば,誰でもこのような問題を一度は考えざるを得なくなるであろう. あるいは,そこまでいかなくても,有名な「Wignerの友人のパラドックス」(Wignerにとっての状態ベクトルと友人にとっての状態ベクトルが異なる)を考えてみれば,自分の意識だけを,上述の「いつも定まった値をとるようなダイナミックスに従うもの」として特別扱いするしかないようにも思えてくる. デカルトに習って,「我思う故に我あり」とするしかないと. これはいかにも気に入らないが,一旦それを承認しさえすれば決して矛盾が生じないことに気づき,唸ってしまうてあろう.

量子測定の原理とその問題点 by 東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻相関基礎科学系&東京大学大学院理学系研究科物理学専攻:清水明教授

尚、清水明教授は「一度は考えざるを得なくなる」とは言っているが、意識解釈を支持するとは言ってない。 意識解釈について「一度は考えざるを得なくなる」ことが量子力学の不思議な性質だと言っているだけである。 創世記にも、意識を特別視する解釈を積極的に支持する物理学者は少なかったであろう。 ただ、他に解決策が見当たらない故に、消極的に支持する物理学者はそれなりにいたかも知れない。 しかし、今日では、そうした意識に頼った解釈が無用の長物であることが明らかになっている。 他に解決策が見つかった今日では、積極的か消極的かを問わず、支持する物理学者はほとんどいないだろう。

意識解釈の終焉 

ミクロとマクロの間に明確な境界を設けようとすると、例外を定義できない。 しかし、ミクロからマクロへ性質が連続的に変化すると考えれば、ミクロとマクロの干渉で例外を難なく定義できる。 その一例が量子デコヒーレンスである。 将来、デコヒーレンスが科学的に否定される可能性はある。 しかし、ミクロからマクロへの連続的変化が否定されない限り、例外の定義に「知性ある存在の意識」が必要ない事実だけは揺るがない。

デコヒーレンス

問題は、根拠を失った珍説の扱いである。 オッカムの剃刀で済めば話は早いのだが、それでは納得しない人もいる。 科学的に中立に考えれば、それは、初めから根拠のない珍説と同等かそれ以下でしかない。 しかし、人間は一度信じたことを、簡単には否定できない生き物である。 それ故か、今でも、こうした意識解釈は少数派の解釈として根強く生き続けている。

二重スリット実験遅延選択実験量子消しゴム実験も、いずれも、意識解釈を裏付ける証拠はない。 むしろ、意識解釈に不利な実験結果もある。 しかし、意識解釈派は、更なる珍説を持ち出して意識解釈を擁護する。 その結果、意識解釈を明確に否定できる証拠を見つけるのは困難である。