量子力学の用語

基本 

量子力学(量子論)と隠れた変数理論は違う」という言い方をする人がいる。 これは、「自動車と大型自動車は違う」と言うのと大差ない、明らかに間違った言い方である。 自動車の例では、「小型自動車と大型自動車は違う」というような言い方をしなければならない。 基本原則を言えば、ある呼称に対して、何らかの条件だけに限定することは、次のような場合にだけ許される。

  • 呼称に前提を明示する
  • その時点の知見において、明らかに間違っている等の除外すべき明確な理由がある
  • 正当な手段により、条件限定の物事をそう呼ぶことが明確に定義されている

これは、量子力学(量子論)以前の科学の基本の問題である。 個人的思想や個人的哲学について論じるなら、科学の基本を無視しても差し支えない。 しかし、科学理論を論じるなら、当然、科学の基本には従わなければならない。

また、正しい呼称を使うことは、国語の基本の問題である。 国語の基本も科学の基本も分からぬ者が量子力学(量子論)を語るのは百年早い。

定義 

量子力学(量子論)
量子世界の実験結果と整合するあらゆる理論を含む理論体系。標準理論のみを指して「量子力学(量子論)」と呼ぶ人がいるので注意が必要である。
量子力学(量子論)の標準理論
射影仮説を採用する理論体系。
量子
最小単位を持つ存在。あるいは、その最小単位を意味するが、粒子状の性質(1点に存在すること)までは意味しない。
粒子
粒子状の性質(1点に存在すること)を持つ存在を意味する。
観測問題
波動性と粒子性の二重性の整合を取ろうとしたときに立ちはだかる問題。
解釈問題
量子力学のどの解釈が正しいのか、答えが出ない問題。

補足 

趣旨が確実に伝わるなら、不正確な用語を使っても差し支えない。 しかし、その言葉が持つ本来の意味と違う意味のどちらでも文意が通じる場合は、本来の意味となる用語を使わないと混乱を産む。


  • このページの参照元

    科学