量子力学の解釈

解釈とは? 

量子力学において標準理論の言っていることは「数学的にはこうなりますが現実の現象がどうなっているかは知ったこっちゃありません」である。 そして、過程の現象について実証された理論も現存せず、また、過程の現象を実証することも原理的に不可能である。 標準理論に関して可能性のある解釈として過程の現象に言及することが関の山であるため、過程の現象に言及したものは量子力学の解釈と呼ばれる。

様々な解釈 

英語版のWikipediaには、多数のInterpretation(解釈)が掲載されている。 中には、theory(理論)やmechanics(力学)もある。

Copenhagen interpretation(コペンハーゲン解釈
実験結果に一致する理論を重視し、原理については考えない。
De Broglie–Bohm theory, Quantum potential theory (ド・ブロイ&ボーム理論、量子ポテンシャル理論)
David Bohmが提唱した、粒子の軌跡は標準理論と数学的に等価な量子ポテンシャル項付き運動方程式に従うとする非局所的隠れた変数理論
Stochastic mechanics(確率的力学)
Edward Nelsonが提唱した、粒子がブラウン運動的な軌跡を取る非局所的隠れた変数理論。後に、軌跡の揺らぎは場の量子論に基づく対生成・対消滅の影響によるとされている。
Ensemble Interpretation, Statistical Interpretation, Minimalist Interpretation (集団解釈、統計解釈、最小主義解釈)
Time-symmetric quantum mechanics, Two state vector formalisim (時間対象量子力学、二状態ベクトル形式)
Y Aharonovが提唱した、時間的に逆方向の因果を想定する局所的隠れた変数理論。
Consciousness causes collapse(意識原因収縮?)
Many-worlds interpretation(多世界解釈
マクロのレベルの量子もつれとデコヒーレンスに基づく解釈。
Consistent histories(無矛盾履歴)
Many-worlds interpretationから多世界を除いたもの。
Many-minds interpretation(多精神解釈?)
Quantum logic(量子論理)
Relational quantum mechanics(関係量子力学?)
Transactional interpretation(交流解釈)
Participatory Anthropic Principle(人間原理)
Modal interpretations(様相的解釈)
Theory of Incomplete measurements(不完全測定?)

総合案内

科学一般

疑似科学等

医学

地震

電磁気学

相対性理論

量子力学

基本

標準理論

解釈等

実験・思考実験

外部リンク