思考実験

思考実験とは、その名の通り、思考の中だけで仮想的実験を行う手法である。 何らかの理論をまとめたり、背理法と併用して理論矛盾を指摘する場合などに用いられる。

良く勘違いされるが、思考実験では、原理上、ある理論の完全性を示すことは出来ない。 なぜなら、思考実験には、想定可能は範囲の事柄しか反映されない為である。 想定範囲で矛盾が生じなくても、それは循環論証に過ぎないため、その理論が正しいとは断定できない。 思考実験では、想定不可能な未知の理論の有無についてまでは検証できない。 それは、現実に実験してみなければ分からないことである。 つまり、思考実験は実験結果の正しさの証明としては全く役に立たない。

背理法と併用する場合でも、想定外の未知の理論によって理論矛盾が解消できる場合がある。 よって、背理法と併用しても厳密な証明にはならず、参考程度の意味しか持たない。